ドライタイプのキャットフードはなにが違う?本当に使うべきキャットフードとは

キャットフードのドライタイプには、一体どんな特徴があるのか知っていますか?

固さが柔らかいウェットタイプに比べて、ドライタイプは固くてカリカリしているのが特徴です。

しかしこのドライタイプには、固さ以外にもウェットタイプとの違いがあるのです。

そこで今回は、そんなドライタイプのキャットフードについて知ってもらうために、ここで詳しくご紹介していきますね。

あなたはドライタイプとウェットタイプ、どちらのキャットフードを選択しますか?

キャットフードをドライタイプにすればどんな利点がある?

それではまず、ドライタイプのキャットフードを使うとどんな利点があるのか見ていきましょう。

猫が食べるとカリカリ音が鳴ることで知られているドライタイプには、次のような良い点がありますよ。

ドライタイプのキャットフードはウェットタイプよりも期限が長い

まずドライタイプのキャットフードにある特徴として挙げられるのが、ウェットタイプよりも期限が長いことです。

ウェットタイプは乾燥させて作られているドライタイプのキャットフードより水分が多く、その分フードの品質を長く保つことができないのです。

そのため期限までに食べてしまうことができれば問題ないのですが、もしも猫の食いつきが悪く、キャットフードの減り具合が良くなかったらあっという間に期限日を迎えてしまいます。

そうしたことを考えても、期限が長いドライタイプのキャットフードは扱いやすくなっていますよ。

コストをかけずにキャットフードを入手することができる

ドライタイプはウェットタイプと違い、コストがあまりかからないところも魅力的な点となっています。

それはなぜなら、ドライタイプよりもウェットタイプの方が少ない量でたくさんのエネルギーを作り出すことができるからです。

しかし食いしん坊な猫だと逆に、ウェットタイプは一度に食べられる量が少なすぎて不満を抱いてしまうことがありそうですね。

ですので普段からよく食べる猫にはドライタイプのキャットフードを与えると、コスト削減にもつなげることができますよ。

たくさんの栄養素がギュッと詰まっている

ドライタイプのキャットフードには、たくさんの栄養素が詰まっているのもおすすめする理由の1つにあります。

栄養バランスを考えて作られているドライタイプのキャットフードでは、一度にたくさんの栄養素を体へ摂り入れることができますよ。

ウェットタイプのキャットフードにも豊富な栄養素は含まれていますが、価格が安いドライタイプでもたくさんの栄養素を摂取できるというのは嬉しいですよね。

ドライタイプのキャットフードを選ぶならモグニャン!

ここまでドライタイプのキャットフードにはどんな特徴があるのかをお伝えしてきました。

そこでドライタイプのキャットフードを使ってみたいと考えている方におすすめしたいのが、モグニャンという商品です。

モグニャンは猫を飼っている飼い主さん達からとても好評のキャットフードとなっていますよ。

では、そんなモグニャンの商品詳細についてこれからご説明していきますね。

白身魚を使用しているから愛猫の食いつきが良くなること間違いなし

モグニャンでは、主原料として白身魚が使用されています。

そのため猫が好む香りが広がり、食いつきが良くなることが期待できますよ。

さらにタンパク質の多い白身魚が配合されたモグニャンを愛猫に与えると、愛猫がたくさんのタンパク質を体に摂り入れることができます。

食いつきを良くしてくれるモグニャンには、今でも

「猫の偏食で困っていたところをモグニャンで解決することができた!」

というモグニャン愛用者からの声がたくさん寄せられています。

グレインフリーだから愛猫にも安心して与えることができる

モグニャンの嬉しいポイントは、食いつきが良くなることだけではありません。

モグニャンでは、猫が消化不良を起こす原因でもあるグレイン(穀物)がまったく使用されていないのです。

元々肉食動物だった猫にとって、小麦やとうもろこしと言った穀物は体の中で消化されづらく、どちらかというと苦手です。

そしてそのような原材料が使われたキャットフードを与えると、消化不良を起こしてしまいやすくなってしまいます。

ですがグレイン(穀物)が不使用となっているモグニャンは、猫への悪影響を心配せずに与えられる安心のキャットフードとなっていますよ。

無添加!モグニャンは安全なキャットフード

モグニャンはグレイン(穀物)の他にも、危険な添加物がすべて無添加となっています。

安全性に問題がある添加物にはよく、人口的に作られる人口調味料や着色料などが挙げられていますが、モグニャンではこれらの添加物が一切使用されていません。

その代わりに自然にこだわった素材を多く使っています。

ちなみにモグニャンで使われているクランベリーには、尿の病気に関係しているpHの数値を正常に安定させる働きがあり、尿路結石などを予防することができますよ。

もしも病気で愛猫が苦しそうにしていたら、飼い主さんはとても見ていられない気持ちになってしまうことだと思います。

しかし無添加のキャットフードで猫が発症しやすい病気まで予防できるというのは、すごく嬉しい点ではないでしょうか。

その他にも、食物繊維がたっぷり含まれているモグニャンは便秘を防ぐことにも効果を発揮してくれますよ。

ドライタイプのキャットフードを使う時の注意点

ドライタイプのキャットフードには利点がたくさんありました。

しかし注意しなければならない点もいくつかあります。

そうした注意点を知って、最終的にウェットタイプとドライタイプのどちらを使っていくか決めてみてくださいね。

水分量が少なく体に負担がかかってしまいやすい

ドライタイプとウェットタイプの大きな違いはやはり、水分量です。

ドライタイプのキャットフードは水分量が少なく、そのせいで猫の体に負担がかかってしまう場合があります。

また、まだ歯がきちんと形成されていない赤ちゃんや、歯が弱ってしまった老猫には、そのままドライタイプのキャットフードを与えることができません。

成猫であれば問題なく食べることができるのですが、歯に問題がある場合は簡単に食べることができないのです。

さらに高齢になった猫がドライタイプのキャットフードを食べてしまうと上手く飲み込めず、呼吸困難や肺炎を起こしてしまうケースもあります。

ですからドライタイプのキャットフードを使う時にはこうしたリスクがあることも念頭に入れておきましょう。

ドライタイプだと食いつきがあまり良くないこともある

ドライタイプのキャットフードだと味や香りが薄く、食いつきがあまり良くないことも考えられます。

たしかに上記でご紹介したモグニャンのような、味と香りを楽しめるキャットフードもありますが、すべてのキャットフードがそうとは限りません。

やはりせっかくご飯をあげるなら、愛猫にはガツガツと嬉しそうに食べてほしいものですよね。

そのような点もドライタイプのキャットフードを使うデメリットとなってしまうことがあります。

まとめ

ドライタイプのキャットフードとウェットタイプのキャットフードでは、固さ以外にも少しずつ違いがあることが分かりましたね。

ドライキャットフードにすると、栄養がたくさん詰まっているのはもちろんのこと、期限や価格での悩みを解消することにもつなげることができますよ。

ですがドライタイプのキャットフードには上記のような注意点もあるので気を付けなければいけません。

自分と愛猫の両方が納得できるキャットフードを見つけ、どちらにも負担のかからない生活を目指していきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャットフードのウェットタイプってどうなの?いろいろな視点からまとめてみた