安全なキャットフードとは?猫ちゃんにうれしいキャットフード選びは慎重に!

愛猫をいつまでも一緒に過ごしていたい。
飼い主ならそう思って当然ですし、そのためにフードに注目するのはとても大事なことだと思います。

でも…キャットフードって数多くありますし、その中から猫ちゃんに安全なキャットフードを見つけるのは至難の業。

…『安全』ってどんなキャットフードなんでしょうか。

今回は、そんなアナタの疑問をズバッと解決していきたいと思います。

そもそもキャットフードの安全・危険ってどこを見ればいいの?

キャットフードの安全性は、猫ちゃんの健康に直接関わってくる重要なポイントですが、結構その基準があいまいなことが多いです。

一体、どんなキャットフードが安全と言えるのでしょうか。

早速見ていきましょう。

コレを見れば大丈夫!キャットフードの安全・危険

はい、と言うわけで、選ぶ基準にもつながるキャットフードの安全・危険なポイントをまとめてみました!

安全 危険
・無添加
・グレインフリー
・成分バランスが整っている
・価格はちょっと高め
・動物性たんぱく質が豊富
・外部機関からの評価が高い
・添加物がたくさん入っている
・穀物が主原料となっている
・原料表記があいまい
・価格は基本激安
・穀物などでかさ増し
・酸化防止剤を利用

見てみるとわかりますが、基本的に安全かどうかはキャットフードの原料や成分を見ることが重要となりますね。

ただ、超簡単に見分けるとすれば、価格がかなり安いもの→危険、価格がちょっと高いと感じるもの→安全と覚えておくと良いでしょう。

コレが入っていたらヤバい?安全なキャットフードには絶対はいっていないものリスト

また、添加物や原料表記があいまいな原料を使っていることは、猫ちゃんの健康に悪影響しか与えません。

そのため、原料表示欄は特に注目しておくことがかなり重要となります。

そこで、安全なキャットフードには確実に入っていない、危険な添加物・原料をまとめて紹介しておきたいと思います。

種類 表記
4Dミート 家禽ミール、ミートミール、ミートボーンミール、肉粉、バイプロダクツ、肉副産物
穀類 穀類(とうもろこし、とうもろこし粉、コールグルテン、コーングルテンミール、コーンフラワー、小麦粉、小麦全粒粉、小麦ふすま、米粉、パン粉)、豆類(おから、脱脂大豆、大豆ミール)、でんぷん、セルロース
添加物 酸化防止剤(BHA、BHT、没食子酸プロピル)、発色剤(亜硝酸ナトリウム、亜硝酸Na)、保存料(ソルビン酸K)、調味料(アミノ酸)、ビートパルプ、コーンシロップ、着色料(二酸化チタン、赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、緑色3号、青色1号、青色2号)

これらが使われているキャットフードはとても安全と言い切れるものではないので、注意するようにしましょう。

安全なキャットフードにはどんなものがあるの?

では逆に、安全なキャットフードはどのような特徴があるのでしょうか。

上でも簡単に触れましたが、より詳しくみていきましょう。

添加物・グレイン(穀物)不使用

まずはこれですね。
猫ちゃんにとって、添加物や穀物は元々いらないモノです。

猫ちゃんは穀物を消化する酵素をあまり持っていないため、消化が悪くなり下痢や嘔吐といった症状が出ることがあります。

また、穀物はアレルギーになりやすく、添加物(酸化防止剤・着色料・香料)は発がん性物質となりとても危険です。

そういった原料・成分が使っていないキャットフードは安全と言い切れますよ。

品質が高く、価格がやや高め

そのうえでポイントとなるのが品質です。

原料や成分が良くても、作っている工場が劣悪な環境でウィルスが入ってしまっては元も子もありません。

安全なキャットフードは、厳重管理されている工場で製造されていることが多く、外部機関からも高い評価を受けていることがおおいですよ。

また、高い品質で原料を厳選しているため、価格もちょっと高くなるのも特徴の1つですが、1日あたりの価格がだいたい100円~300円程度であれば十分安全なものといえます。

おすすめは『モグニャン』

そんな安全なキャットフードの中でも、特に人気が高くおすすめなのはモグニャンです。

通常購入価格 3,960円
定期購入価格 3,564円
主成分 白身魚(63%)
1日あたり価格 59円~178円
成分 粗タンパク質:30%
脂質:16%
粗繊維:3.5%
粗灰分:8%
水分:7%
オメガ6:1%
オメガ3:2.1%

モグニャンは動物愛護先進国のイギリスで製造されているキャットフードで、日本では株式会社レティシアンが直輸入して販売しています。

白身魚が主原料となっており、必要な栄養を私たちも安心して食べられる原料を利用しているので、安全においしく栄養バランスが取れたフードを与えていくことが出来るのが魅力ですね。

安全なキャットフードでも実は危険?こんな症状には注意しよう!

ただ安全なキャットフードでも、時には危険になることもあります。

最後に、購入する上で注意しておいて損はないポイントをいくつか紹介しておきましょう。

腎臓などを傷めやすい

添加物がなく、原料も安心して使える安全なキャットフードは、基本的に『高たんぱく』であることが多いです。

たんぱく質は猫ちゃんが生きる上で欠かせない栄養といってもいいのですが、腎臓が弱っている猫ちゃんにとってはただただ負担がかかるだけ。

特に人間と同じように年齢を重ねていくと、臓器の機能が低下するのでシニア猫ちゃんに与えるときや、元々腎臓が弱い猫ちゃんには体調をよく観察し、必要であればかかりつけの獣医さんに相談するようにしましょう。

尿路結石

また、安全に与えることが出来るキャットフードは、基本的にミネラル値がほかのキャットフードよりちょっと高め。

そのため、猫ちゃんによっては尿路結石になることも考えられます。

猫ちゃんのトイレ(おしっこ)の回数が多くなったり、血尿が出たりしたらすぐにお医者さんにかかり、エサの見直しをするようにしましょう。

下痢・軟便

安全なキャットフードは、ビタミンやミネラルといった栄養を補給するために、オリーブオイルやハーブといった原料を使うことが多いです。

加えてミネラル値が高いことが影響して、腸の機能維持が難しくなることもあります。

これは猫ちゃんの許容値が越えていないか見守る必要があるので、ほかのフードといっしょに与えて、様子を見るようにするといいですよ。

肥満

実は安全なキャットフードは1粒1粒の栄養価が、ほかのキャットフードよりも高くなっているため、少量でも充分エネルギーを補給することが出来ます。

しかし、給与量を与えると『これだけで大丈夫かな?』なんて飼い主さんが思って、必要以上に与えることが多くなり、結果太ってしまうことが多いんです。

肥満は猫ちゃんにとっても良いことではありません。

適量をしっかり守るようにしましょうね。

まとめ

安全なキャットフードは、基本的に価格層がやや高めとなっていることが多く、簡単に見分けることが出来ます。

しかしその反面、高い栄養価が仇となり時には危険にさらされてしまうことも多いです。

安全なキャットフードをより安全に与えていくためにも、徐々に与えて慣れさせていくことから始めていくようにしましょうね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。