猫ちゃんが喜ぶ!おすすめのキャットフードはどんなもの?

「猫ちゃんにぴったりのキャットフードを探している!」
そう思っている飼い主さんは多いと思います。
大事な家族の一員ですし、喜んでガツガツ食べてくれると、こちらもうれしい気持ちになりますよね?

でも…一体猫ちゃんが喜ぶキャットフードって、どんなものなんでしょうか。

今回は、そんな悩みを抱えている人に向けて、猫ちゃんが喜ぶキャットフードを見つけるコツやおすすめのキャットフードを紹介していきたいと思います。

超危険!愛猫の命を削るキャットフードの特徴をおさえておこう

そもそも、アナタが今与えているキャットフード、本当に大丈夫ですか?

実はキャットフードの中には、アナタが思っている以上に猫ちゃんの命をガリガリと削ってしまう商品が存在します。

愛猫ちゃんのためにも、まずはどんなキャットフードがNGなのか、簡単に見ておくようにしましょう。

原料や添加物が激ヤバ!?

基本的に危険なものとしてあげられるのは、ワンコイン(500円)から1,000円弱で購入できる“格安”のキャットフードです。

これらのキャットフードはコストを抑えるために、以下のような原料や防腐剤がかなり高い割合で大量に使われています。

名称 特徴
原料 4Dミート
(○○ミート)
ざっくり言うと『死肉」のこと。
私たちも食べることが出来ない、内臓や毛、糞尿などが使われるので超危険です。
○○副産物
ミートミール
添加物 エトキシン ドライフードに使用されることが多い防腐剤。
日本では食用はもちろん農薬としても利用が禁止されているほど毒性が高いです。
しかもラベルに表示する義務がない為、非常に厄介な存在といえます
※使用していないキャットフードには「エトキシンは使用していません」と表示があるので、それを参考にしましょう。
BHD・BHT ドライ・ウェット両方に利用される防腐剤。
キャットフードの脂肪分の酸化を防いでくれますが、発がん性物質で猫ちゃんの健康には良くありません。

このほかにも人工甘味料や着色料が使われていることが多いので、注意して原材料表記は確認しておくようにしましょう。

穀物(グレイン)でかさ増ししている

また、危険なキャットフードによくあるのが、原材料が肉類よりも穀物(グレイン)が多いこと。

麦やトウモロコシ、米といった穀物類は猫ちゃんの消化に悪いので、長い間与え続けると猫ちゃんの腸内環境が悪くなり、アレルギーや体調を崩す原因となります。

コストをとにかく落とすことが出来るとはいえ、猫ちゃんの健康は全く考えられていない、粗悪品には注意しておくようにしましょうね。

愛猫が喜ぶキャットフードを見つけるコツ、知りたくない?

危険なキャットフードの特徴を見てもらったところで、ここからは愛猫ちゃんが喜ぶキャットフードを見分けるコツを皆さんに紹介していきたいと思います。

愛猫の好みを把握しておく

猫ちゃんは意外とグルメで、好きな食べ物ははっきりと分かれています。

魚だったり肉だったりと好みはわかれていることが多いので、猫ちゃんが好きな食べ物が主原料となっているキャットフードを選ぶようにすると、食いつきもイイです。

そのため、まずは猫ちゃんの好きな食べ物を見極めていくことをオススメしますよ。

そのフード、猫ちゃんの安全や健康を考えてる?

猫ちゃんにとって、キャットフードは命に係わる大事なモノ。

アナタが手に取ったフードが本当に猫ちゃんにとって良いものかどうか、判断しておく必要があります。

そのため、安全や健康のことを考えるのであれば、生産工場での管理体制や品質、そして原材料や添加物と様々なところに注目しておくと良いでしょう。

アナタのお財布事情もある程度考えておこう

そしてかなり重要となるのが、飼い主であるアナタのお財布。
猫ちゃんはアナタがいなければ、おいしいご飯を食べることが出来ません。

上で紹介したポイントはもちろんですが、アナタ自身の家計状況を見直して、「これなら続けられる」と言うものを見つけていくことが出来ます。

ただし、安いだけの粗悪品は猫ちゃんの健康に良くないことは、頭に入れておくようにしましょうね。

私の愛猫も大喜びした!おすすめのキャットフード

ただ、安全で安心して猫ちゃんに与えることが出来るキャットフードは、意外と多く「結局どれを選んだら良いかわからない」なんて悩むこともしばしばあります。

そこで、私が飼っている愛猫が喜んで食べたおすすめのキャットフード、『モグニャン』を紹介しておきたいと思います。

ちなみに下記サイトを参考に、おすすめ出来るキャットフードについて紹介しています。

参考サイト:キャットフードおすすめランキングTOP3!美味い・安全・高品質で評価

合わせてご覧ください。

モグニャンの基本情報をさらっと確認

モグニャンは動物愛護先進国のイギリスで生産されているキャットフードで、日本では株式会社レティシアンが直輸入で販売しています。

そんなモグニャンの基本情報はコチラ。

通常購入価格
定期購入価格
3,960円(税抜)
3,564円(税抜)
内容量 1.5kg
メイン食材 白身魚(63%)
賞味期限 開封後3ヵ月(冷暗所保存)
対応年齢 全ライフステージ対応
粒の大きさ 0.5~1cmほど
特徴 ・グレインフリー(穀物不使用)
・防腐剤・人工添加物不使用
・国際規格「SAI GLOBAL」で最高ランク獲得(Aランク)
・まとめ買い割引アリ
問い合わせ先 0570-200-012
月曜~金曜11:00~18:00(土日祝は休み)

注目してほしいのがメイン食材ですね。
一般的にキャットフードは鶏肉や赤身魚を原料としていますが、モグニャンは脂質が少ない白身魚が主原料となっています。

また、グレインフリーや防腐剤・人工添加物を使っていないのもうれしいポイントですね。

うちの愛猫にも安心して与えることが出来、食いつきが良くガツガツ食べてくれるので、当分はコチラを利用していこうと思っています。

モグニャンの口コミで分かること

そんなモグニャンの口コミはどのようになっているのでしょうか。

ちょっと見てみましょう。

安心して食べさせられます ★★★★★
好き嫌いがハッキリしているうちのニャンもしっかり食べてくれます。
白身魚の配合量が明記されていて、尿慮結石に良いクランベリーや猫に良いと言われる野菜もバランスよく使われているので安心して食べさせられます。
強いて言うならミネラルが多い…かな? ★★★★
うちの猫は白身魚の風味が気に入ったのか、毎日ガツガツ食べてくれています。
長年悩んでいた皮膚病がキレイになりつつあるので、変えてよかったなと。
ただ、マグネシウムの数値がちょっと多いのが気になりますね。
確かに軟便にはなったけど… ★★★★
口コミを見てはいましたが、代々魚好きのうちの猫たちにとってグレインフリーだし、いいかも…と思って購入しましたが、今のところ特に変化なしでおいしく食べていますよ。
エサを変えたら確かに一時期軟便にはなりましたが、エサを変えれば腸内に刺激を与えるから起きていると知っていましたし、ウサギのようなコロコロ便しか出ない子だったので、ちょうどいいかなって思っています。
もうちょっと様子見て、判断していきたいです。
ウチの子には合わなかった ★★
モグニャンの原料等を見て悪いものではなさそうだったので購入。
でも、ウチの子には合わなかったようで、与え始めてから2週間ほどで下痢になりました。
個体差があることは知っていたし、食いつきが良かっただけあって、合わなかったんだなって思っています。
尿路結石一直線。全然だめ
うちのニャンは尿路結石になりやすい体質らしく、エサにも気を使っていましたが、油断していました。
モグニャンは良いものだって聞いていたので試しに与えてみたら、すぐに尿の回数が多くなり、病院に行くと再発の恐れがあるとかでエサの切り替えを勧められました。
尿路結石になりやすい猫ちゃんを買っている人、モグニャンは結構危険です。

評価を見てわかった!モグニャンを与える上での注意点

このほかにもたくさんの意見がありましたが、まとめると多くが尿路結石になった、下痢や軟便になった…といった意見が多かったです。

実はモグニャンの成分表を見てみると、ほかのキャットフードと比べて自然由来の原料を利用しているためか、ミネラル値がやや高め。

そのため、おしっこがアルカリ性に偏り安く、尿路結石の原因につながることが多いです。

また、オリーブオイルも猫ちゃんの便通を良くしてしまうため、軟便・下痢につながることが多いようです。

猫ちゃんによって体質に違いはあるので、モグニャンを与えるときは徐々に与え、様子を見ていくことに注意しましょう。

まとめ

キャットフードは猫ちゃんにとって、一生食べ続けるもの。

より健康的に、そして長生きするためには、キャットフードの見直しを行うことが一番重要で手っ取り早いです。

アナタの大事な家族とずっと過ごしていくためにも、キャットフードはちょっと良いものを与えるようにしましょう。

その中でも『モグニャン』は特にオススメ。
是非一度試してみてはいかがでしょうか。